2019年の八丁味噌と私 - www.innommable.com

正直いって、田舎に住んでいるときは味噌のことなど考えていませんでした。他に考えるべきことがたくさんありました。

就職し一人暮らしをするようになってからも、田舎の味噌は何となく食べる気がせず、学生時代に食べていた関西の白味噌をそのまま使い続けていました。

長い時間が経ってから改めて、たまには田舎の特産の味噌を食べてみようと思いつき、関東ではカクキューの八丁味噌が手に入りやすいのでカクキューの銀袋を買ってきました。しかし、「ん?なんか違くね?」と違和感がありました。以前食べていたものと、どう違うと言われると説明できないのですが違うと感じたのです。

なんか変だなぁ、こんな味だったかなあと思いながら一袋を使い切る頃、母が田舎から所用で出てきて十数年ぶりに再会しました。去年八丁味噌について色々書いた後の話です。母はお土産としてまるやのみそだれを持参しており、「うちは先祖代々まるやだからね」と例の騒動の件を少しだけ口にしました。「おばあちゃんの代にはもうまるやだった」らしいので、少なくとも百年以上になります。(母が言うおばあちゃんは私の戸籍上の曾祖母に当たり、明治時代に岡崎に嫁いできました)

実家では赤だし味噌の入っていたピンク色のプラ容器がいつもそのへんに転がっており、おもちゃを入れたり砂場で砂を入れたりして遊んだことをふと思い出しました。あれはまるやのだったのか...。

八丁味噌なら同じ味なんじゃないの、と勝手に思っていましたが、料理や食材に大して興味がない自分のような者でも、まるやの味噌固有の味を覚えていたことに自分で驚いた次第です。

尚、たまたまうちはまるやだったので「カクキューちょっと違う」と感じましたが、家庭によって当然逆のパターンもあるかと思います。無い語彙力を総動員して違いの説明を試みるなら、カクキューのほうがややスパイシーな香りで、癖の強い苦味を感じます。チョコレートのような洋菓子や洋食のデミグラスソースなどの隠し味によく使われるのはカクキューの味噌の方で、確かにそういう用途にとても似合う華やかさがあります。まるやの味噌は「実家のような安心感」って感じです。うちはずっとまるやだったみたいなので余計にそう感じるのかもしれません。

発酵と醸造の研究や、発酵食品まわりの視覚デザインをされている「発酵デザイナー」の小倉ヒラクさんという方が以前八丁味噌関係のインタビューで話していたのですが、八丁味噌とその他の豆味噌は、化学分析してもほぼ差がないのだそうです。でも味は明確に違うと。確かにそうだろうと思います。さらに差が小さいはずのまるやの味噌とカクキューの味噌の味の違いを、別にソムリエでも料理人でもない普段はジャンクフードどんと来いの自分でも一応わかるぐらいなので。小倉さんいわく、

科学的にほぼ同じという結果は、実際正しいんですよ。でも、それは「石原さとみと綾瀬はるかはほぼ同じ」と言っているのと近くて。

ということらしいです。(全文はリンク先でどうぞ)

明後日、2019年2月1日に日欧EPAの発効に合わせて改正GI法が施行されます。商標登録できなかった岡崎の八丁味噌はこれまでは期限のなかった「先使用権」を行使できましたが、改正GI法では先使用権は7年で期限切れになり、海外では完全に名称を使用できなくなるため、海外の見本市に甲冑姿で登場し「Mr.Hatcho」として有名だったまるやの浅井社長も2026年以降は海外で「Hatcho Miso」を売ることができなくなります。国内においても、パッケージに「GI認定商品ではない」と明記しなければなりませんし、加工品には八丁味噌の文字列を含む名前はつけられません。既に「八丁味噌コーラ」は農水省からの申し入れで改名を余儀なくされたことをニュースでご存知の向きもいらっしゃるかと思います。

今から頭を下げて一度脱退した「愛知県味噌溜醤油工業協同組合」にもう一度入れてもらうか、同じことですがこの緩い基準を飲んで八丁味噌協同組合として追加申請してしまえば、ステンレスタンクで温度調整して10ヶ月で出荷できる大量生産のGI八丁味噌に混じって「八丁味噌」を名乗ることはできます。どのくらいGI八丁味噌の基準が緩いのかというと、愛知県で作られる豆味噌なら何でも八丁味噌を名乗れるぐらい緩いです。

組合に入るか追加申請すれば名乗れるのだから排除ではない、というのが国の言い分です。八丁味噌の品質を下げて出荷量を増やすことをよしとせず、品質を保つためにこの枠組みに乗らなくても、名前を守るため枠組みに乗っても、どのみち大量生産の安物が「八丁味噌」として流通するのであれば、岡崎の2社が数百年にわたり守ってきた本物の八丁味噌はおそらく商業的に淘汰されて消えてしまうでしょう。

本来、紛い物が流通することを防止し伝統ある本物が生き残れるようにするのが国の役割だと思うのですが... なぜ八丁味噌は国から守ってもらえないのでしょうか。そこが謎です。「GIマークが付いてるほうが偽物」みたいなイメージがもう付きかけているので、まっとうに認定された他の品物が気の毒に思えてきますが、農水省は一体何がしたいのでしょうか。

例えば某国製の偽のブランドバッグが国内のあちこちで売られていますが、だからといって「本****バッグについては、フランス発祥のものではありますが、既に何十年も某国でも、「****バッグ」の名称でバッグづくりが行われてきております。このため、フランスのみが「****バッグ」の生産地とすることは実態に即しておらず適当でないと判断しております」とか税関が言い出したら頭おかしいと思いますよね。ちなみにこの太字部分の文章は名詞と地名のみ置き換えましたが、去年農水省からいただいたご説明メールのコピペです。

これまでの経緯を遅まきながら追っていくと、昭和のうちに2社でさっさと組合を作って商標登録しておけばなぁ...と残念な気持ちになります。カクキュー一社で商標登録しようとしたりごたついてる間に、全然関係ないトンビに油揚げをさらわれてしまったという感じなので。

先日ティラミス関係で仁義なき商標登録について話題になりましたが、「こんなことはみっともなくてできない」「そんな浅ましい、さもしいことをできる者がいるわけがない」という、良くも悪くも性善説の「古き良き日本」的な感覚はもう捨てないと自分を守れないのではないかと思います。そんな時代は、20世紀とともに終わってしまったのではないでしょうか。

エージェントLV12から可能になるPortal Recon。招待状が来るということですが、うちには来てませんでした。@IngressJapanのツイートからhttps://opr.ingress.com/に行ってみたらできるようになってたのでちまちまと新規ポータルの審査をしています。

とりあえず、著名性のない新規のお店とか、そのお店の店頭の小さな石膏像とか申請するのはやめてほしい...。なぜならそういうお店のほとんどは数年以内に撤退してしまい、オブジェクトも撤去される可能性が非常に高いからです。現在、そういった「すでに存在しないお店やオブジェクトのポータル」の無効申請は非常に通りにくく、対象のオブジェクトが撤去されて何年も経つポータルの無効申請をわたくしも何件か出していますが軒並み蹴られています。

具体的な話だと、例えば豊洲のフォレシアビルに「RibLabの馬」というポータルがあります。

LibRab.jpg

たしかに大きくて立派なオブジェでした。でしたというのは、2014年8月にオープンした「リブラボキッチン」は2017年初頭にはもう撤退していましたし、2017年4月同じ場所にオープンしたイタリア料理店にはもう馬はいなかったからです。しかし、撤去されて一年以上経つ2018年5月の無効申請はThere is not sufficient evidence to remove this Portal at this time.ということで蹴られてしまいました。他の場所でも、2年前に閉店した飲食店の店頭にかつて置いてあった70cmぐらいのおもちゃの自由の女神も無効にできませんでした。

同じ場所で写真を撮って添付すればいいのでしょうか?それで現地に行かないNianticのスタッフは確認できるのでしょうか?店舗がもう無いことはググればすぐに確認できるこんなポータルでさえ、いったん承認されてしまったら無効にすることはとても困難なのです。

そんなわけでお店関連と、あと一般住宅やマンションそのもの、住宅庭内のイルミネーション等のオブジェは厳し目にみていきたいと思います。今のところPerformanceはGreatなので方向性は間違っていないと考えております。

GaiaDCの頭が元気な24人レイド募集に色々参加してきたSSを整理しつつ貼っていく!

【2017.10.21】23匹のがうララとタンクさんで行くラバナスタ

ffxiv_20171021_191927.jpg

当時のシーズナルイベントでもらえたウェアウルフ装備のララフェルを23名集めてCF申請し、マッチしたBタンクさんをびっくりさせる予定だったそうなのだがそういう申請のしかたはできないことが判明し、趣旨を伏せて普通に@1名でパーティ募集したら来てくれたタンクさんはゲロルトさんだった!

ffxiv_20171021_203501.jpg

ゲロルトさんもノリノリでケモ耳をミラプリしてくれて楽しくクリアした後、謎の召喚儀式を行ったりした!

【2017.11.23】ドキッ!キャスターだらけのラバナスタ

ffxiv_20171123_004410.jpg

吉Pがやってたのを見て募集してみた、ということで赤黒召でラバナスタに行ってみよー!という募集だったが1ボスを倒したところで残念ながら力尽きた!タンクヒーラーの偉大さを思い知る一日だった!

【2017.11.29】ゴリラバナナスタ

ffxiv_20171129_210814.jpg

ウホッ!ウホウホ?ドコドコドコドン!

【2018.3.3】ひなナバスタ

ffxiv_20180303_222823.jpg

心が乙女なら誰でも参加できる楽しいレイドの予定が、パーティ募集で入ってきたBタンクさんが趣旨も攻略もよくわからない外国の方で阿鼻叫喚になりつつ途中でAタンクさんがMTをもぎ取って何とかクリアした大変なひな祭り思い出の一枚!1ボス終了後のこの時点ではみんなそこまでの危機感は持っていなかったがBのヒーラーさんはすでに禿げそうになっていたらしい!

【2018.6.16】ドキッ!ララフェルだらけのリドルアナ

ffxiv_20180616_003621.jpg

編成は普通なので楽しくクリアした!みんなちっちゃい!わしは寝間着で参加した!

ffxiv_20180616_005701.jpg

終了後に労働七号ちゃんのところに戻ると倒したはずの七号ちゃんが踊っているというのでみんなでスタート地点に戻り一緒に踊った!皆米粒のようだ!

【2018.7.29】ドキッ!DPSだらけのラバナスタ

ffxiv_20180729_001754.jpg

タンクなしヒーラーなしでクリアを目指す24名のDPS!最初はタコタンを封印してたがやっぱ無理ってことになって実質タコタンエギのおかげでクリアできた的な感じ!

【2018.8.4】竜騎士18名ヒーラー6名でいくラバナスタ リターン・トゥ・リューサン

ffxiv_20180804_231758.jpg

鮭皮の夢を見そうになるナイアガラリューサン祭り!最初リューサン24人で時間切れまでがんばったようなのだが力尽き、ヒーラー枠追加で見事クリアとなった!

【2018.10.13】ドキッ!黒魔だらけのリドルアナ

ffxiv_20181013_213351.jpg

タンク3名ヒーラー3名黒魔18名でいくリドルアナ!1ボス討伐後謎のオブジェが誕生した!

【2018.11.23】極クリタワ!叔父貴の敵を討て!

ffxiv_20181123_231359.jpg

募集で人が集まらなかったとのことで解除でザンデ組へのカチコミに便乗してきた!サングラスをわざわざ作ったのにミラプリ忘れてるのはご愛嬌だ!オールNEED1で散った叔父貴(面識はない)のカタキはとった!

【2018.12.29】変態紳士24名で行くシルクスの塔

ffxiv_20181229_223936.jpg

半裸の者、半裸よりも怪しい姿の者などさまざまな変態が24人集まってザンデを倒しに行った!なぜかガーディアンで全滅した!

【2018.12.31】ドキッ!キャスターだらけのリドルアナ

ffxiv_20181231_211829.jpg

召8赤8黒8で行くリドルアナ!まさか算術チップを越えられるとは思っていなかったが、赤が自己ケアルで生き残る→黒召蘇生しまくるという方式で労働七号さえ倒しきった!

ffxiv_20181231_222524.jpg

MTを務めてくれたタコタンに感謝!蘇生マシーンと化してがんばってくれたBアラ(8人の赤)に感謝...!黒は主に床掃除をしていたような気がするが皆頑張った!

そんなわけで今年も頭が元気な募集を待ってパーティ募集をチェックだ!

2年半ぶりに続きが読めたけど、だんだん完結するまで生きてる自信がなくなってきました。

■開戦前、敵味方で同じセリフを重ねていく技巧的な冒頭から雪崩のように始まった疑似関ヶ原
■もちろん小早川もいるよ
■土方さんは意識的に近藤さんや沖田さんを呼び出そうとし、そして失敗してたのか
■そしてbeau à en mourir, enfin! ここで登場、というわけか
■ノブさんVS金柑さんの煽り合戦おもしろかった
■マモン関ヶ原は内陸だからなー多聞さんは当面出番なしかな
■7巻で廃城がドーテー人間によって鬼眼城みたいに魔改造されてたらどうしよう
■黒王さんの身体は今何%ぐらい塩化してるんだろう...命はあとどのくらい残ってるんだろうな
■DVD今回は15話を収録で普通の30分枠の時間しかないのに何だかやたら濃かったなー
■2丁目のオカマの店行きたいなたぶんP5のにゅぅカマーみたいな店

知ってれば... 知ってれば
ウルナに出会う前に 私が殺してやったのに

トホマの正体に気が付いたのに、それでも共に生きる道を選んでしまうのか...。誰も幸せにならないとわかっているのに。第三者の視点での最善手は、正体がわかった時点でトホマを射殺するか警察に突き出すことだったはずで、そうしなかったためにトホマの苦しみは続き、ウルナに暴力をふるい、殺人は続き、最悪の結末を招いてしまったわけですが。

唐突に出てきたように思える「白虹の狼」ですが、読み返してみると序盤で一度名前が出てますね。本名ではないのでしょうがタパスさん、何気ない会話のうちにこっそりジャブを入れてくるのがいい感じに嫌な感じです。ちょっとルンゲ警部みたいですね。

■そうだったカレットの本名ってカレチクだったよな
■一瞬「誰?」って思っちゃったよ
■ラドーのルックスが思ってたのとかなり違った
■5巻時点でチュリッカはあのセーターのデザインが何なのか気がついてる
■エヲンはカレットとちょっと似てるのでよくない予感がする
■炎から雪に変わっていくページ、美しいなあ
■次巻で終わりか...

本作品のSF要素はよく考えたらあのブルィ型認識票しかないわけですが、実験終了後に外した認識票をきっちり回収した描写がないので、そこでちょっと話がわかりにくくなっている気がします。おそらく軍は認識票を回収するために、戦地に埋めてほしいと願っていたカレットの遺体を掘り返しており、認識票が紛失していることに気がついているはずなのです。

あのヤバイ認識票を誰もが持ち帰っているとしたらちょっとガバガバすぎるし、チュリッカが持っていた認識票と、ウルナがトホマの正体を確認した認識票は破損状態が似通っており同じカレットの遺品なのではないかと思っています。時系列的には、

カレットの遺体からウルナが回収し、何らかの手段で持ち出す(たぶん)
4巻、ウルナはトロップ行きの列車の中で認識票を手に持っている
チュリッカはウルナと同居中、夜中にちゅぱちゅぱしてる
ウルナは湖畔でトホマの正体を確認、「友達の形見」発言
5巻、チュリッカが失踪したウルナの部屋で拾う
6巻、火事の中襲われたチュリッカが使用し「殺せ!」

ではないかと思います。英雄だから目こぼしされていたのかもしれませんが、おそらくタパスさんあたりがそのうち回収に来るのではないでしょうか。

それにしてもあの認識票の機能が何度考えても謎だ...。

八丁味噌大戦2018 - www.innommable.com

岡崎生まれの者としては八丁味噌はカクキューとまるやだけという認識なのですが、農林水産省はこの2社が加盟していない愛知県味噌溜醤油工業協同組合のGI(地理的表示保護制度)申請を承認してしまったため、カクキューこと合資会社八丁味噌と株式会社まるや八丁味噌が不服の申立をしています。

赤味噌文化圏以外の方にはピンとこないと思うし、愛知の赤味噌なら八丁味噌なんでしょ何が違うの?というイメージなのかも知れませんが、八丁味噌は赤味噌というか豆味噌の一種ではあっても通常のものとは色も香りも味もかなり違います。また、「八丁」とは「岡崎城から八丁の距離」を意味し、現在の岡崎市八帖町を指す地名ですので、ここに所在する2社をハブって他社だけ登録というのは流石に意味がわかりません。

スーパーの店頭などでは2社以外の八丁味噌風の味噌は「八丁赤だし」「八丁○○味噌」「○○八丁」など紛らわしい名称で売られていますが、一部大手メーカーは業務用では「八丁みそ」と称した製品を出荷しており、地元住民には「八丁味噌」として受け入れてもらえないことを知っていながら裏でこっそり八丁味噌を名乗って既成事実を積み上げてきたのではないかと思ってしまいます。

このために、詳しくない・興味がない他地方の消費者には愛知の赤い豆味噌=八丁味噌、という誤解が広まっており、また「一般化した名称である」「他社でも使用実績がある」として岡崎の2社はGI申請を蹴られてしまいました。

しかしこのままなんちゃって商品だけがGI認定されてしまうと、苦労して海外の販路を広げてきた岡崎の八丁味噌は海外で八丁味噌を名乗れなくなり、工程も熟成期間も異なる大量生産の手抜き商品がこれからは海外で八丁味噌と称して売られていくことになり、また国内店頭でもこれまでは紛らわしい商品名で売られていたなんちゃって味噌が堂々と八丁味噌を名乗れることになります。

本来はそういう紛い物が流通することを防ぐためのGI制度だったはずですが、なんでこうなっちゃうんですかね。お役所仕事は理解不能です。

尚、「愛知県味噌溜醤油工業協同組合の提唱するゆるーい八丁味噌の定義を容認して手抜き仲間に入ればお前らも八丁味噌を名乗ってもいいよ」というのがその後の閣議決定となります。

お役人がそう簡単に自分たちの調査不足や不手際を認めるとも思えないので、偽物がはびこって本物が消えていくのをただ見守るしかないのかも知れません。まあうちはこれまで通りカクキューの味噌を買いますけどね。→あとで母からツッコミ入って「うちはまるや!」って言われたけど...近所に売ってないのですよ

【自衛のための本物リスト】八丁味噌協同組合

【自衛のための紛らわしい団体のリスト】愛知県味噌溜醬油工業協同組合

【代表的な紛らわしい商品】

  • イチビキ 「八丁みそ」「八丁赤だし」他
  • 桝塚味噌 「日本の豆〜粒八丁味噌〜」他

尚、ナカモさんの大ヒット商品「つけてみそかけてみそ」は八丁味噌を名乗ってもいないしもちろん八丁味噌でもないのですが、これを指して「八丁味噌美味しい!」というツイートやコメントをしょっちゅう見かけます。確かにこれはこれで便利だしうまいですが、違いますよ。

休日出勤の代休があったので、六本木ヒルズの「FINAL FANTASY 別れの物語展」に行ってきたぞ!もちろんぼっちで!

会場に入るとある程度人数をまとめて一室に通され、ヘッドホンから指示を受けてエンタープライズ号に乗り込むところから開始だ!昔行ったルーブル展でも入場準備部屋で米津玄師のテーマ曲に洗脳される儀式があったので、これは森アーツセンターギャラリーのしきたりといったところだろう!

戦闘BGMは14だが、装備はドロップしない!この通過儀礼が終わらないと展示コーナーには入れないのだ!

そして最初の展示は1〜6のファミコンからスーファミ時代だ!各シリーズのパネルの前に立つと渡されたiPhone&ヘッドホンからシリーズの印象的な別れのシーンのBGMと解説が聞こえてくるのだが、結構立ち位置がシビアなので混んでるときは注意だ!

やったはずのタイトルもあるのに内容を全然覚えてないことに衝撃を受けた!パロムとポロムしか覚えてなかったわし、駄目すぎる...6とかやったはずだぞ!シドに魚食わせたら死んじゃって意味不明だったのは覚えてるのに身投げは覚えてない大丈夫かわしの記憶力...。

会場のスペース占有率でいうと7、8、10、15あたりが大きいのだが、この中だと8しかやっていないわしは涙目だ!しかもその8はヒロインを宇宙に放流した思い出しかない..!

7をやっていないわしでも知っている例のソードが展示されているが、可哀想なぐらい投げやりな出来栄えだったので写真はない!武士の情けだ!7はかなり強力にプッシュされていたがリメイクが出るのだな...正直やってないので思い入れも何もなく、教会もスルーしてしまった好きな人すまん!

9はアーカイブスで買ってけっこう楽しめたのだが、展示はちょっぴりだった!とはいえお気に入りのビビがフィーチャーされていて満足だ!

12もやっていないが、12の鎧はよくできていたので写真があるぞ!

12_armor.jpg

14の展示は狭いがそこそこいい感じだった!

shiva.jpg

お高いフィギュアがサラッと飾ってあったぞ!

grave.jpg

みんな大好きオルシュファンさんのお墓ももちろんあった!ちなみにゲーム内はこんな感じなのでなかなかの再現度だ!

snow.jpg

11の展示が画像のみでしょぼかったのと、ゲーム自体もそうなんだけど謎のヒロイン推しが何だかなぁ...アフマウとかリリゼットとか出してる暇があったらフィックを出してほしかった...一応ギリギリでコーネリアさんは出てた!BGMは星唄エンディングじゃないほうがよかったな...他にもっと盛り上がる曲あったやろ!

厳戒態勢のおみやげコーナーだったが、人が少ないので快適に買い物できた!9のビビのぬいぐるみは欲しかったがくっそ高いので諦め、用事を思い出したギルガメッシュさんのトートとか買ってみたぞ!だがこの10cmぐらいあるでかい缶バッジを付けろというのか...?

4.2が公開されたのはいいが、カバンの整理とか新しい家具とか新しいカードとかそんなあたりに必死になりすぎて全然ダンジョンとか開放できていない!ヒエンのカードをくれるNPCがケチすぎるのがいけないんだ!

ffxiv_20180201_220145.png

新しい調度品「布団」!このために衝立でスペースを作っておいたのだ!着ているのは裁縫に追加されたすごく普通なセーターだ!かえって新鮮な感じでお気に入りだ!

ffxiv_20180201_220011.png

誰か...誰か布団をかけてくれ...寒い...。

帰ってきたXperia XZ1c - www.innommable.com

あけましておめでとうございます。

前回記事から2週間、Xperiaが帰ってきました。初期化したら直ったので修理しませんでした☆というメールが代替機にピロ〜ンと入ってきました。何だそれ。

年末年始の2週間を不便な不便な落としたら2万取られる代替機で我慢し、機種変更の手続きを3回もやり直してこれか...もう脱力です。

仕方ないのでまたiコンシェルを抹殺する作業から始めます。銀行のアプリとかiDとかnanacoとか移行が面倒で死にそうです。

早速壊れたXperia XZ1 compact - www.innommable.com

えー、前回記事から17日。XZ1 compactが壊れました。まぁソニーだからな。

システムアップデートの通知が消しても消しても出てきてうざいので仕方なくアップデートしたら、画面が赤っぽくなったり青っぽくなったりパカパカチカチカするようになりました。常時そんな感じなので目が痛くなってきます。

ドコモショップに文句を言いに行きましたが、購入後10日以上経過しているため新品交換はだめ、修理対応になるとのことです。しかもソニーが正月休みのため、修理は2週間ほどかかるとのこと。アップデートが原因のソフトウェア的な問題じゃないのか、ダウングレード出来ないかと聞いてみましたがそれも駄目、修理ですとのこと。

代替機を出してもらいますが、今の端末から代替機にいったん機種変更した後、2週間後にまた機種変更しなければなりません。前のZ3Cも購入直後に自分で落として割ったため同じことをしていますが、今回は自分に全く非がないのでものすごく頭にきます。

仕方なくその場で機種変更手続きを始めましたが、モバイルSuica、nanaco、iDと手続きしてきたところで某ポケとるが「30日以内の機種変更は出来ません」とエラーになりました。もうモバイルSuicaとか使えない状態になってからなので今更戻せません。3年ぐらいやってて数千円課金していましたがさようならポケとる。

この不条理な仕打ちに加え、指紋認証の付いたボタンにベタベタ触りまくってエラーを起こすドコモのおっさんにもイラッときてちょっぴり切れてしまい、「私何も悪いことしてないのにこんな目にあって正直頭に来るし、こう...何ていうか...死ねって思っちゃいますね」と口走ってしまいました。ごめんねおっさん。おっさんに死ねって思ったわけじゃないです。おっさんにはイラッときただけです。修理確認書の内容を1/3しか見せてくれてないのにサインを要求されてキレただけです。修理修理と言いながら有償になるのか無償なのかはっきり言わないのでムカついただけです。

そんなわけで前回よりはマシな代替機(1世代前のXperia)を渡され、ヘトヘトになって帰宅いたしました。なぜこうなった...。このあと、いらないソフトで埋め尽くされた代替機のデスクトップを掃除して、iコンシェルに消えてもらい、必要なソフトのインストールのやり直しが待っています。そしてまた2週間後にもう一回。涙が出てきます。

最近のコメント

アイテム

  • LibRab.jpg
  • ffxiv_20181231_222524.jpg
  • ffxiv_20181231_211829.jpg
  • ffxiv_20181123_231359.jpg
  • ffxiv_20181229_223936.jpg
  • ffxiv_20181013_213351.jpg
  • ffxiv_20180804_231758.jpg
  • ffxiv_20180729_001754.jpg
  • ffxiv_20180616_005701.jpg
  • ffxiv_20180616_003621.jpg

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2