というわけでDQXI。PS4版でやってました。

■ストーリーは最初ちょっとびっくりしたけど、落とし方がやや甘いというかDQらしくマイルドでしたね
■はずかしい縛りもマイルドすぎてあんまり面白くなかった
■UIがXに似すぎててかえって戸惑う
■過去のシリーズでは大抵いくつかの心の痛む選択をしなければならないことや、取り返しのつかない出来事があって、それらはまあ当然取り返しがつかないわけなんだけど、それを取り返してしまったのが今回
■確かに大団円だけど、それでよかったのか?とも思う
■ロミアさんとか最初流した涙を返してほしい
■「過ぎ去りし時を求めて」というプルースト的なサブタイトルですが英語版はEchoes of an Elusive Ageなのでちょっと雰囲気違う
■fr.ign.comではタイトルについて日本語版をチェックしたみたいでやっぱりこれÀ la Recherche du temps perduだよね的なコメントもあった
■PS4はおまけ要素なくてがっかり(ボウガンとは言わせない)
■メダル女学園のヤンキーの子の本らしいのが寮にあるのとか好き「愛羅武勇が聞こえない」だっけ
■お墓探すクエストで黒板に書いてある地図がヒントかと思ったら全然違った騙された
■もののけ姫に出てきそうなアレ、もっと色々あると思ってた
■巻き戻る前に黒い勇者の星が誰かに砕かれちゃったアレ、セリフの説明でちゃっちゃと流されても納得出来ないんですが
■OPとラストだけ主人公やセーニャの顔が違うよ
■シルビアさんは素晴らしいキャラだったけど、あれでLGBTがどうのっていうのは違うと思う
■ラスボス倒した後のみんながどうしてるか見たかった
■あのあと勇者が普通に村人やってるのを見て色々考えてしまったがユグノアは再興しなくていいのか
■エンディングは地味にいろんなネタぶっこんでた
■けど何だかシリーズ自体が終わってしまいそうな雰囲気だった

STORMBLOOD!! - La Belle Equipe

| コメント(0)

kugane1707.jpg

はるばる来たぜひんがしの国。英語でもhingashi。和風だ!

やっとメインクエスト終わって黒70。えのきの仕様が変わったけど相変わらずめんどくさい!他のジョブも色々変わっちゃってついていけないつらい!新ジョブもぜんぜんやってねえええええ!

【現在のステータス】
黒70弓62格60白50巴40槍34占48暗31機30斧17双16剣0赤0侍0
彫68調60革62木60裁61甲60鍛60錬65
漁68堀64園63

waiting0531.jpg

4月から放送の「光のお父さん」を見てた!

正直会社パートはイマイチだったが、TVで多くの人が見ることを考えたら相当ギリギリまでがんばったといえる作品だった!大杉漣さん可愛すぎる!千葉雄大君の顔芸もすごかった!そしてせっかく原作にないヒロインの馬場ふみかさんがナイスバディinOL制服を披露してくれたのにまったく報われずに終わった!石野真子お母さんは可愛かったけど韓流に踊らされすぎだ!

制作スタッフの方のインタビューを見ていると、30分×7話と尺が短いので稲葉家の家族以外は基本説明不要のテンプレキャラにしたということで、それは非常に理解できる話なのだが、いかんせん会社パートのテンプレートが古すぎて視聴者のボリュームゾーンである平成生まれ世代からすると理解不能な部分が多々あったようだ!昭和世代のわしですら「いや平成の世にこれはないわ...」とほぼ毎回思った!社員数名のベンチャーならとにかくこの現代にあの規模の会社ではありえない出来事があまりにも多く現実味が薄くなってしまったのが残念だ!

ゲームパートはゲームをやっていない人にもわかるよう工夫されていたし画像もきれいだったしよしだぁぁぁぁぁ!もちゃんと再現されたしすごくよくできてた!BGMも素晴らしかった!稲葉家はウルダハ!でもツインタニア最強時代に弓LBは回復だった気がするぞ!

ブログの方は前からちょこちょこ読んでてぴぃさんの熱意と真摯さがほんとうに凄いなと思った!できれば真タイタン戦は原作のまま見たかったが、大杉漣さんをめっちゃダイエットさせないといけないのはかわいそうだししょうがない!総合的に言ってすごく楽しめたのでこのドラマを作ってくれた皆さんありがとう!

三宅乱丈「イムリ」(21) - www.innommable.com

ラルドの言葉がデュルクの、イマクの、ヴィテジの中に生きていることはうれしいんだけれども、それを信じて行動した結果がどう考えてもいい方向に転がるような気がしません。

ニコはようやく正気に戻りそうではあるのですが、イムリとイコル、ニコとデュルクの不協和音は改善するのか、まだ色々諦めていないドネークの企みは成功するのか、相変わらず自分のことしか考えていないミューバと胃に穴があきそうなガラナダも近いうちにどうにかなってしまいそうです。ヴィテジは何となくですが逃げないような気がしています。逃げたほうがいいとは思いますが。

ミューバの呼びかけは明らかに罠でしょうが、デュルクに行くなといっても無駄だろうし、さあどうなることやら。

前の記事(2016年11月)

あれから約半年が経過しましたが、hhstyle.co.jpサイトの片隅に12月中旬に掲示されたお詫び文では、なぜか情報漏洩は2016/10/23〜11/8にオンラインストアでクレジットカード決済した99人のみでしたということになっており、その時期買い物をしていないわたくしや退会済みの方々にまでばらまかれたSPAMメールはなかったことになりました。

昨年11月に例のSPAMを受け取るまで、10年以上使用してきて一度もSPAMなど来たことがなかったメールアドレスにも、12月以降ポツポツとではありますがamazon詐欺業者のメールなどが届くようになってきましたが、hhstyleさんのサイトでは既にお詫び文も消滅しており、何事もなかったように「美しい空間を、デザインを通して創る事」を企業理念に営業なさっています。

そしてずっと沈黙していた、何人かのユーザーに「あの件どうなりましたか」と聞かれても一切沈黙していたTwitterアカウントで宣伝ツイートも再開されました。

アカウントが復活したなら最後にもういっぺんぐらい「あの件どうなりましたか」と聞いてみようかなと思いコメントしようとした結果が下の画像です。

blocked.jpg

もう笑うしかないwwwwww草生えるwwwwww大草原ですいませんwwwwww

知ってる ウルナ?
ウルナの空は 私の空より ずっと青いの
ほんとよ?

2巻まで読んだ時点で、まあこうなるよな...という感じではあったのですが、それでもやはり実際にこの目で見てしまうと辛いものです。

というかまさかここまでの絵面だと思わず昼休みにパスタ屋で読み始めてしまい、前半はエロスだわ後半は阿鼻叫喚だわで昼間に読むものじゃなかったと後悔。でも止められなくて最後まで読みました。根性で。

最初は見た目も残念性格も残念と思ってたカレットが今はとても可愛く見えてきて、口は悪くても仲間思いの彼女のささやかな夢が叶わなかったことがとても悲しく思えてきました。

■ウルナはとうとう認識票をはずしてヅードの本当の姿を見てしまったわけですが、ボウミ隊長が見逃してくれて助かった...んだろうか
■ヅードが人間であることはみんな薄々気づいてたのね
■サリーは色々アレだけど、彼女には彼女の優しさがあるんだなあ(小並感
■資源が発見されて突然重要地になったあの島を彼女たちは去ることになったわけですが、次の任地はどんなところやら

バージョンアップで写真を撮る時色々遊べるようになった!

Ice_on_hotspring.jpg

凍らせたり集中線つけたりしてみた!アイスon温泉だ!

sleeping_201701.jpg

これはちょっと色とかエフェクトとかいじって眠ってみた写真だ!あざと可愛いく撮れて満足だ!

mimio_2017ny_01.jpg

気がついたら2017年も始まって2週間。月日が経つのは早いですね。3日から仕事だったので全然休んだ気がしない上に今年のカレンダーときたらリーマンを絶望の淵に叩き落とす鬼畜っぷりで祝日が土曜に食われまくりです。心なしかみみおさんも悲しそうです。嘘ですヤツの憂鬱はへんなもの着せられてるせいです。

【年末年始のヘビロテ曲集】

■ハチミツ(赤い公園)原曲:スピッツ
→スピッツで唯一好きな曲。しかもこのカバーのほうが好き。スピッツごめん。
■LAY YOUR HANDS ON ME(BOOM BOOM SATELLITES)
→このバンドは知らなかったけど、メンバーの方が亡くなったニュースのとき聴いてみたらよかったのでそのまま聴いてる。ご冥福をお祈りします。
■シオカラ節(Splatoonストーリーモードラスボス曲)
→新作Switchか...迷うなあ。ちなみに愛用のブキはダイナモローラー。シオカラーズはアオリ派。
■Last Train Home(Pat Metheny Group)
→最近だとジョジョ3部でエンディングに使われたので知ってる人が多いかもしれない大昔の名曲。ラジオ番組PAZZ&JOPSのエンディングで分かる人はかなり年取ってる。
■カレッジ・ブランジョ(ヤドランカ)
→去年亡くなったヤドランカの曲で、アルバムも持ってるけど好きなのは今となっては入手困難なCMバージョン。確か当時はご本人のサイトでMP3を公開してて、そこから頂いたはず(よくおぼえてない)。

三宅乱丈「イムリ」(20) - www.innommable.com

タイターの言うとおり、このままじゃ誰も幸せになれないと思うのですが...

チムリのお父さんはひどい火傷ですが何とか生きて再会できてよかったです。この巻で唯一よかったことではないでしょうか。お父さんはデュルクを恨むことなく、やさしい言葉をかけてくれました。

そして心配で仕方がないのが知らないうちに戦争の火種を作っちゃったヴィテジさんと捕虜になってボッコボコのドネークさん、そしてなし崩し的に全面戦争になってしまったイコルたちです。

■ヴィテジはイコルたちの中にイマクがいることに気づいた
■ミューバはガラナダに殺られそうな気がしてきた
■トパロ長はヴィテジを守ってくれるのか
■ニコは正気に戻れるのか
■昔デュルクとミューバのお母さんが夢に見た光景がここにあるんだが...
■当時はその光景がこんな状況だとは想像してなかった

過激派と穏健派というのはこうもわかりあえないのかと思いましたが、歴史が証明する通りやっぱりわかりあえないよな...。

■2017/5/3追記■
この記事には続きというかオチがあります

夏に通販で時計を買ったhhstyleさんがサーバを乗っ取られ、個人情報をお漏らししちゃいました。以前は廃番の椅子のキャスターを取り寄せていただいたり色々お世話になっただけに残念です。

11月4日、下記のようなとても怪しいメールが届きました。

fig1_1611.jpg

ヘッダを確認したところホストがhhstyle.comになっており、あたかもhhstyle.comから送信したかのような感じです。また、文中のURLも偽装URLではないようでした。hhstyle.comの中にフィッシング用のページが作成され、その中に外部サイトが埋め込まれていてクレカ情報を収集するようになっていたようです。(怖くて踏んでないのでtwitter情報ですみません)日本語が怪しいのでバレたとも言われていますが、そもそも内容がおかしいので日本語が正しくても詐欺メール以外の何物でもありません。

この時点で思ったのは、

1.文中に自分の本名が明記されていた→名前とメールアドレスが確実に漏れている
2.ヘッダ及びURLから、サイト自体が乗っ取られている可能性が高い

ということでした。追って「そのメールは偽物だー!削除して!」というメールが届きましたが、こちらは外部のメールサービスを使用して送られたもので、ドメインを確認するまではむしろこちらのほうが偽物臭くさえ思えました。

そこへ追い討ちをかけるように、11/6になって2発目の業者メールが届きます。

fig2_1611.jpg

これまた怪しすぎる内容です。もちろんお詫びを装った詐欺です。まだサーバを握られています。土日だから誰も対応しないのかと思いましたが、実はこの時点で対応はしており、そしてそれが全然役に立っていなかったのだということが後に判明します。

11/6の夕方、本物らしき(もう何も信じられない)お詫びメールが届き、公式サイトにお詫びと説明が掲載されました。

どうにもふわっとした説明で、信用してお預けした個人情報をお漏らしされた身としては納得できかねたので返信は不要としつつ問い合わせをしてみました。

1.漏洩した情報は個人名、メールアドレス、住所、電話番号等と思われるが漏洩の範囲を教えてほしい
2.どのように安全性を確認したのか、もう大丈夫といえる根拠は何か、クレカ情報は保持していないとのことだがクレカ決済の委託先と詳細な流れを教えてほしい
3.個人情報保護の専門家に相談したとのことだが本当に専門家に相談してこの対処なのか、今の状態で誕生日を記載してメールを送るとか怖すぎる

クレカ情報の取扱いについてはメールで詳細な委託先サイトのコピペを送っていただき、専門家というのはIT担当者と弁護士さんのことらしいということがぼんやりとわかったのですが、それ以外はサイトを更新するから見てね☆ということでした。それはまあいいのですが、11/7の夜8時現在の経緯説明はこんな感じです。

fig3_1611.jpg

どんどん上書きされているようなのでスクショで残しておきます。これもあんまり褒められたやり方じゃなく、履歴を残したほうがいいです。

個人的な感想としては、個人情報保護の専門家(本物)に相談していたらこの対処はありえないです。11/4の時点で、ちゃんと調査せず憶測で管理者パスワードを変えアクセス制限を厳しくしただけで終わっており、結果11/6に再度自サーバに設置された不正プログラムから2通目の詐欺メールを送られてしまっています。

完全に解決するまでネットワークを遮断するべきだったと思いますが、不十分な対処のままオンラインショップも再開してしまっています。どういう運用をしていてなぜ侵入されたのか、これからどのように安全性を担保するのか、何も明確になっていませんし、根性論みたいな対処法だけではやはり信用できません。

また、想定される漏洩情報の範囲と規模なども問い合わせていますがサイトにもメールにも明記されておらず、どちらにも情報管理責任者の名前すら出していないのも無責任に感じます。対策も「毎日パスワード変えます」「アクセス制限厳しくします」でお話になりません。やる気は認めてあげたいですが、毎日パスワード変更とか本当にこれからずっと運用できるのでしょうか。毎日、「今日のパスワードは4649(仮)ですよー」とメールで回したり、今日はpassword1107、明日は password1108...みたいなことになりそうです。

正直これは、セキュリティ事故対応の失敗例として後世に残りそうなやっちゃった感でございます。今からでも遅くないので、ちゃんとしたコンサルを入れたほうがいいのではないかと心配になりました。

尚、他のspamが来るようになった方もいらっしゃるようですが、当方には今のところ来ておりません。来ないことを祈っていますが、おそらく個人名、メールアドレス、住所、電話番号、ログインパスワード、会員IDは確実に売られてると思うので、そのうち怪しい日本語のお手紙が来るかもしれません。ほんと、どうしてくれようかコレ。